Château Mouton Rothschild 2017

Château Mouton Rothschild 2017

天候条件

冬の気温は比較的暖かく、降水量は平年より若干少なく、2017年は4月27日に起きた春の遅霜による被害がとにかく記憶に残る一年です。ボルドーのテロワール全域が被害に会う中で、ムートンのぶどう畑は奇跡的に被害を免れました。その後も極めて長い期間干ばつ状態が続き、その傾向に改善が見られたのはようやく12月に入ってからです。

春は平年より気温も高く、3月末にはぶどうは若干早めに萌芽を迎えて1年のスタートを切りました。4月および5月は理想的な天候に恵まれ、いずれの品種も10日ほど早めの生育スピードで花の時期を迎えました。6月は非常に雨が多く、続く夏は、日照量は平年並みでしたが雨は少なく、2016年から続く水分欠乏はさらに深刻化します。結果、ぶどうの粒は小さめで、糖分および色素の凝縮が進みました。

生育スピードの早さと乾燥した夏の天候の影響で、この年は例外的な早期収穫となりました。シャトー・ムートン・ロスチャイルドでは9月7日から29日の期間に収穫を実施。液抜きは10月20日に完了し、アッサンブラージュは10月に調整されました。

芳醇で非常に色味が濃く、素晴らしいタンニン・ストラクチュアを備えたワインが仕上がっています。肉づきもよく、暑い年特有のスタイルではありますが、肉づきもよく、かつみずみずしさたっぷりです。

干ばつ傾向の影響により、平年に比べて収量は低めとなっています。

テクニカルノート

ワインラベルを見る
  • 収穫期間
  • 9月7日〜9月29日
  • アッサンブラージュ
  • 90% カベルネ・ソーヴィニヨン
    9% メルロ
    1% プティ・ヴェルド
テイスティングコメント

深みのある鮮やかな色調のワイン。ガーネット色の光沢。

野生の小粒果実を思わせるアロマを含む、エレガントで複雑な香り。エアレーション後にはペッパーの風味、カシスの若芽やドライフラワーのノートがたおやかに香り、豊かな風味と調和の良さが楽しめます。

アタックはみずみずしくクリアで、ストラクチュアも上質。濃厚で肉づきの良いテクスチュアとともに、味わいの中盤まで生鮮果実の風味が広がります。熟度も十分で織り目も密なタンニンが味蕾を包み込み、長い余韻となめらかな印象をもたらします。

後味にはすべての要素が調和よく整い、将来性の高さを確信させられます。

 

ラベル作品担当
アネット・メサジェ (Annette Messager) (1943-)

 

天候条件

ワインラベルを見る
error: Content is protected !!