• 侯爵から男爵へ

    侯爵から男爵へ

    侯爵から男爵へ

18世紀、ムートンの畑は、ラフィットやラトゥール同じく、「葡萄の王子」との異名を取ったニコラ=アレクサンドル・ド・セギュール侯爵の所有にありました。その後、ド・ブラーヌ男爵が所有権を獲得し、ブラーヌ=ムートンと命名。1853年、名家ロスシルド家のイギリス分家に属するナタニエル・ド・ロスシルド男爵が所有権を取得し、現在のシャトー・ムートン・ロスシルドの名称が誕生します。ワインの品質評価は高まる一方でしたが、歴代所有者らがこの貧しい地方に足を運ぶことはまずなく、長年にわたってムートンはほとんど関心を持たれずにいました。そんな中、1922年、ナタニエル男爵の曽孫にあたる弱冠20歳のフィリップ・ド・ロスシルド男爵がドメーヌを承継し、自らの生涯をドメーヌに捧げることになる、これはまさに好機の訪れだったのです。

フィリップ男爵から フィリピーヌ夫人へ

 
ロスシルド一族
  • <p><strong> 華麗なる一族</strong></p>
<p>ロスシルド家(ロスチャイルド家)は、金融、ワイン、そして博愛の精神において並々ならぬ貢献を成しているヨーロッパの名門一族です。初代マイヤー・アムシェル・ロスシルドは、18世紀末、ヨーロッパ主要都市へ5人の息子を派遣し、各地で金融業を起こし一族を発展へと導きます。</p>

     華麗なる一族

    ロスシルド家(ロスチャイルド家)は、金融、ワイン、そして博愛の精神において並々ならぬ貢献を成しているヨーロッパの名門一族です。初代マイヤー・アムシェル・ロスシルドは、18世紀末、ヨーロッパ主要都市へ5人の息子を派遣し、各地で金融業を起こし一族を発展へと導きます。

     
    ロスシルド一族
     
     
  • <p><strong>ナタニエル・ド・ロスシルド男爵(1812年〜1870年)</strong></p>
<p>自らの来賓にプライベートワインを振る舞いたいと願ったナタニエル・ド・ロスシルド男爵は、1853年、シャトー・ブラーヌ=ムートンを競売で落札します。ワイナリーはメドックの中心、ポイヤック村に位置し、それ以後「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」と改名されます。</p>

    ナタニエル・ド・ロスシルド男爵(1812年〜1870年)

    自らの来賓にプライベートワインを振る舞いたいと願ったナタニエル・ド・ロスシルド男爵は、1853年、シャトー・ブラーヌ=ムートンを競売で落札します。ワイナリーはメドックの中心、ポイヤック村に位置し、それ以後「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」と改名されます。

     
     
  • <p><strong>ジェームス・エドワード・ド・ロスシルド(1844年〜1881年)</strong></p>
<p>アンリ・ド・ロスシルド男爵の父</p>

    ジェームス・エドワード・ド・ロスシルド(1844年〜1881年)

    アンリ・ド・ロスシルド男爵の父

     
     
  • <p><strong>アンリ・ド・ロスシルド男爵(1872年〜1947年)</strong></p>
<p>医師であり博愛主義者であり、アンリ・ド・ロスシルド男爵は、数多くの病院施設への資金援助を行うと同時に、ピエール&マリー・キュリー夫妻の研究も支援しました。また製造業における事業も強化・拡大させます。演劇を愛し、20点近い劇作品を執筆。パリのピガール劇場を建設しています。</p>

    アンリ・ド・ロスシルド男爵(1872年〜1947年)

    医師であり博愛主義者であり、アンリ・ド・ロスシルド男爵は、数多くの病院施設への資金援助を行うと同時に、ピエール&マリー・キュリー夫妻の研究も支援しました。また製造業における事業も強化・拡大させます。演劇を愛し、20点近い劇作品を執筆。パリのピガール劇場を建設しています。

     
     
error: Content is protected !!