Philippe Sereys de Rothschild

フィリップ・セレイス・ド・ロスシルド

フィリップ・セレイス・ド・ロスシルドは、1963年、フィリピーヌ・ド・ロスシルド男爵夫人(1933年-2014年)と著名俳優ジャック・セレイス氏の長男として生を受けました。現在はバロン・フィリップ・ド・ロスシルド社の監査役会会長に就任しています。同社はAOCボルドーワインの輸出販売業務における業界ナンバーワン企業であり、特にトップレベルのブランドワイン、ムートン・カデの生産・販売を行なっています。また、ポイヤックの格付グラン・クリュ全3軒、つまり、シャトー・ムートン・ロスチャイルド、シャトー・ダルマイヤック、そしてシャトー・クレール・ミロンの経営指揮をとるとともに、一族所有ワイナリーで構成される農業土地集団(GFA)専務を兼任しています。シャンパン・バロン・ド・ロスチャイルドの発売にも積極的に取り組み、自らも一族株主代表として同事業拡大の指揮をとっています。

ボルドー高等商業学校を修了し、ハーバード・ビジネス・スクールで MBA を取得。当初は金融分野でキャリアをスタートし、その後、環境・エネルギー・情報テクノロジー分野におけるマネジメント&オペレーション・リスポンシビリティ分野へと転向しています。

ニューヨークの投資銀行ラザードの M&A 部門アナリストとして2年間経験を積んだ後フランスへ戻り、水道事業会社 Compagnie Générale des Eaux(CGE/現ヴィヴァンディ社)に転職。当初は経営管理部門を担当していましたが、1995年から1998年までは、環境・エネルギー運営を専門とする同社のイタリア小会社へと移り、経理財務部長として活躍します。

1998年には CGE 社を退職し、2003年までマーケット分析ソフト開発を事業とするフランス企業 SLP Infoware 社(現在は Gemplus グループに売却)のディレクターを務めます。2004年から2010年までは、Natixis Investissement、そして NEM Partners、いずれもナティクシス・グループの資産運用ファンドにて活躍します。

2011年からは、私学教育・知育教育・通信教育を専門とする Alma Learning グループの共同創業者となり、同グループの株主兼監査役会メンバーに就任。Alma Learning は、現在、私立校 Cours Hattemer、Hattemer Academy、Cours Legendre、Cours Saint Anne、Euro Formadis の筆頭株主です。同じく2011年、ニューテクノロジー分野に目を向けた投資ファンド Jolt Tech Capital を創業。2012年には、慈善活動組織 Hattemer 基金を創設し、同基金会長としても活躍しています。

私生活では、夫であり3人の子供(レオノール、マチルド、ナタン)の父でもあります。

error: Content is protected !!